■エアコンは控えめに

エアコンは冷媒を循環するために、コンプレッサーをエンジンで駆動しており、エンジンに大きな負荷が発生します。それを補うため燃料消費が多くなってしまいます。夏場の日差しによる車内温度は50度にもなると言われています。車内温度が高いときは、窓を開けて熱気を逃がしてからエアコンをかけることで、効率よくエアコンを効かせることができます。また、エアコンを6分間停止するとガソリン70ccの節約、二酸化炭素は1340g削減(3時間/月)にもなります。