■横風に注意しましょう

トンネルを抜けたところや橋の上などでは、突然吹きつけてきた強い横風にハンドルを取られそうになって、ヒヤリとすることがあります。特に車の側面の面積が広いワゴン車などは、風の影響を強く受ける場合があります。その時に慌てて急ハンドルを切ると危険です。速度を落とし、ハンドルをしっかり握って慎重に走りましょう。高速道路などで横風の発生しやすい場所には、吹き流しが立っています。真横になびいているときは風速10m以上の風が吹いているので、あらかじめ速度を落として余裕を持った運転を心がけましょう。